読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラベルライターSOZAの旅行記

トラベルライターSOZAの旅行記です。のんびりと気ままにパートナーとともに世界中を旅しています。

新しい仲間が我が家にやって来ました

前準備

f:id:vone-go-day22:20170216133650j:plain

先日、兼ねてから検討していた新しいカメラを買いました。

私はライティング担当で、パートナーがカメラ担当となっていますので

私は全くの無知ですが、ド素人でも明言できるのは

『デジカメでの撮影より遙かに美しい写真が撮れる!』ということです。

 

元々は旅のお供ということで、コンパクトさを重視したカメラを検討していたのですが

『これだったら、例え重くても持って行くのになぁ…』

と言うつぶやきから、今回のカメラに急きょ変更して購入に至りました。

価格は予定の倍以上となりましたが、本人の満足度はその2乗くらい高い様です。

 

カメラについてはまた後日触れてみたいと思いますので

今回はこの辺で済ませておきます。

 

カメラには全くと言っていいほど疎い私ですが

どうせならきれいな写真を自分の記事に添えたいと思います。

この仕事をしていて思うのですが、

どんなに言葉を知っていても、『言葉では伝えきれない部分』というものがどうしても存在します。

 

そんな時、書き手が伝えきれなかった部分をサポートして

読み手へと伝えてくれる力が【写真】にはあると考えています。

 

どんなに「この景色が美しい」と様々な言葉を並べたくっても、伝えきれない部分があります。

そこにたった1枚だけでも写真が添えられているだけで、

例え言語が異なる方へも自分が感じた感動を伝えることができますよね?

 

様々なジャンルのライターブログなどを拝見させていただきましたが

ジャンルは問わず共通して、写真が添えられているだけで伝える力が全く異なってくるように感じます。

ましてや、『旅行』ジャンルともなれば、尚更かと思います。

 

長くなりましたが、この辺りで切り上げておきますね。

 

何はともあれ、本人のモチベーションが上がる買い物ができてよかったです。

もちろん、その分しっかりと働いてもらいますよ。覚悟してもらわないと。

「年だから…」といった類の言い訳は受け付けません。ならば体を鍛えてください。

 

プロ野球イチロー選手は、毎年自分のコンディションをバットに合わせていると聞きました。

ならば、カメラマンはカメラに体を合わせてコンディションを整えなければならないと思います。

面と向かって言えないので、ここで言います。(笑)